マンション経営は失敗するリスクも付き物!

秘訣は人付き合いです

内装の掃除が肝心

硬貨を積む人

マンション経営で成功するための秘訣は3つあります。1つ目は優秀な不動産会社をパートナーにするということです。投資物件の情報を提供してくれるのは不動産会社です。良い物件情報をくれるかどうかは不動産会社次第と言えます。いくつかの不動産会社をあたって親身に話を聞いてくれるところを探しましょう。紹介してくれた投資物件の良いところも悪いところも忌憚なく教えてくれる不動産会社を選ぶとよいです。2つ目は金融機関と上手に付き合うということです。マンション経営でローンを活用すれば効率的に資産を増やしていけます。希望条件にあった投資物件が不動産会社から紹介されたときに、すぐに資金調達ができなければ、折角の優良物件を逃してしまうことになります。どれくらいまでローンを組むことができるのか、どのような投資物件であれば問題なく審査が通るのかということを金融機関の担当者と話し合っておくとよいです。3つ目は信頼できる内装工事会社を1社持っておくということです。マンション経営をしていると、必ず退去が発生します。退去後には内装クリーニングやリフォームをすることになります。一般的には賃貸管理を委託した不動産会社から提案された内容で内装クリーニング等を行いますが、信頼できる内装工事会社がいれば、クリーニング費用やリフォーム費用を抑えられる可能性があります。それぞれの秘訣に人とのコミュニケーションが必要になってきます。マンション経営でも人付き合いを大事にしていきましょう。

オーナーの手腕次第

粘土の家

マンション賃貸経営とは、マンションの1室を区分所有したり、1棟マンションを保有したりして、第三者に貸し出す運用手段です。株式投資の場合、企業の経営に関わるには一定以上の株式を保有していなければなりません。一方、マンション賃貸経営の場合には、区分マンションであれば管理組合に積極的に関わることで、その運営に参加することができますし、1棟マンションであれば所有者がオーナー1人なので、自分の意思だけで好きなように運営をしていくことができます。マンション賃貸経営は、ただ保有し続けているだけでも、ある程度の家賃収入を得ることができますが、運営に積極的に関わるほど、収入を増やすこともできますし、費用を抑えることもできます。オーナーの意思次第で高収益物件にすることもできるというわけです。もしも、運営に関わっているほどの時間を取ることができないようであれば、上場不動産投資信託への投資を検討してみましょう。上場不動産投資信託はマンション賃貸経営とほぼ同様の成果を得られます。保有している収益物件の運営管理は上場不動産投資信託の運用会社が行ってくれます。そのため、投資主は定期的に分配金を受け取ることと投資主総会で議決権を行使すること以外に、やるべきことはほとんどありません。上場不動産投資信託でマンション賃貸経営のイメージを掴んでから、実際に収益物件を購入してみて、自らが運営してみるという段階を踏んでみるのもよいです。

行うにあたり得られる利点

お金

不動産を利用した投資といえば、マンション、アパート経営が有名ですが、最近注目されているのがシェアハウス経営です。シェアハウス経営が注目を集めている理由としてまずはじめに挙げたいのが、長期間に渡って安定した収入を得ることが出来るということです。シェアハウス経営は一つの物件を分割し貸し出すことになるため、退去者が出ても他の入居者からの家賃収入を得られるので常に安定した収入を得ることが出来ます。そして、シェアハウスは一部屋あたりの家賃も同条件のアパートやマンションよりも割安になっているので、入居者集めにも苦労することがありません。アパートやマンションの場合は次の入居者が決まるまで長い期間空室が続くこともあるので、こうした入居者集めを楽に出来るということもまた安定した収入を得られる理由の一つとなっています。その他にもシェアハウス経営には行うにあたりメリットとなる点があります。アパートやマンションの場合一部屋ごとにトイレ、キッチン、浴室を設置しなければなりません。しかしシェアハウス経営の場合は、トイレやキッチン、浴室は入居者全員でシェアすることになるため建設費用も安く抑えることが出来ます。退去時の修繕に関しても、修繕費用が高く付くトイレや浴室等を省くことが出来るので、建設費用だけでなく修繕費用も抑えられます。また、シェアハウスの一部屋を住まいとして利用すれば自身の生活にかかる費用を抑えながら同時に物件の管理も行うことが出来るというメリットもあります。シェアハウス経営にはこうした行うにあたってのメリットがあり、不動産投資の中でも注目を集め、年々行う方が増えています。