マンション経営は失敗するリスクも付き物!

選ばれる理由を知ろう

空き室リスクを回避しよう

レディ

マンション経営における最大の懸念事項は空室リスクです。しかし、この空室リスクはある程度コントロールすることができます。空室リスクを小さくするためにオーナーがするべきことは、都市の中心部の投資物件を購入するということです。賃貸物件に入居する人の多くは学生かサラリーマンもしくはOLです。このような人たちは通学もしくは通勤に便利なエリアに住みたいと考えています。マンション経営をするのであれば、通学や通勤の利便性を考慮し、複数路線が乗り入れる駅が近くにあるエリアか、徒歩7分以内に2つ以上の駅があるエリアを選ぶべきです。このような条件を満たすエリアが都市の中心部なのです。都市の中心部の投資物件は空室になってもすぐに次の入居者を見つけることができます。なお、空室リスクが小さいということは資産価値が高いということにつながります。そのため、都市の中心部の投資物件を選んでおけば、売却する際にも苦労をすることはありません。今後、人口の増加している都市の中心部では再開発がますます加速していきます。物件の供給も少ないことから、マンション経営を検討しているのであれば、早めに実行に移すとよいです。最近は、不動産会社が投資物件の仕入れに苦労しています。それだけ、マンション経営をする人が増えてきているということを示唆しています。いち早く行動に移すことで安定した収入を継続的に得られるだけでなく、大きな含み益を得られるチャンスも手にすることができます。

気軽に取り組むために

集合住宅

マンション賃貸経営は初心者でも始めやすいということが特徴の1つです。誰もが必要とする住まいが対象になっており、家賃収入を得て管理費や修繕費などを支払うというシンプルな仕組みであるため、初心者でもイメージがしやすい運用手段です。しかも、入居者の管理は賃貸管理会社が行ってくれますし、建物のメンテナンスを定期的にしたいのであれば、建物管理会社に委託することもできます。マンション賃貸経営に関わるほとんどの業務を外注できるため、手間がかからないという点も特徴と言えます。マンション賃貸経営と比較されるものとして、株式やFXが挙げられますが、株式やFXは数日の間に大暴落することもあるため、日々の注意が必要となる投資手段です。一方で、マンション賃貸経営の場合、入居者さえいれば、毎月一定の額の収入が確保されます。物件価格も常に市場に晒されているわけではないので、評価額の変動を気にすることもありません。そのため、初心者でも冷や冷やすることなく、運用を継続できます。なお、現在、マンション賃貸経営をするには大変適した時期です。なぜならば、金融機関が投資物件に対するローンに積極的になっているうえに、マイナス金利の影響で、ローン金利がかなり下がってきているからです。不動産市況の回復を受けて、物件価格は上昇していますが、ローンを組んでマンション賃貸経営を始めれば、金利支払いコスト減少分で物件価格上昇分を相殺できるくらいのメリットを得られるケースもあります。

投資としてのシェアハウス

積み木と紙幣

近年注目されている空き家を使った不動産投資としてシェアハウス経営があります。一般的に賃貸といえばアパートやマンションといったもので、一軒家を貸し出すというのはかなり少ないケースです。貸家の原則としては一つの建物に一世帯といったものでしたが、シェアハウス経営では建物に複数の人が住むことを認めているものです。主にターゲットとしては、一人暮らしで比較的安価な賃貸住宅を探している人たちです。シェアハウス経営のメリットとしては、複数の入居者から賃料収入を得られるので一軒家を一世帯に貸し出すよりも収益性が上がります。またひとつの建物に複数の部屋を設けることになるため退去者が出ても空室率を下げることができます。また基本的にシェアハウスでは水回りは共用ですので投資費用が低いといったメリットもあります。ただシェアハウス経営で気をつけなければならないのが、管理ノウハウです。アパートやマンションとは異なり共用する部分が多く入居者同士のトラブルが多いということです。このため入居審査は入念にしなければなりませんし出来れば属性の同じ入居者を揃える必要があります。また一つの建物に複数の人が居住するので管理業務を管理業者に委託するにしても委託料が高くなりがちです。このためシェアハウス経営をはじめる前にはどのような層をターゲットにするのか、またそのターゲットに合わせたコンセプトで建物を改築する必要があります。またシェアハウスは一般の不動産会社は扱っていないので、シェアハウス専用のポータルサイトなどで入居者募集を行うといった必要があります。