マンション経営は失敗するリスクも付き物!

全てはオーナー次第です

売却も検討して

マンション模型

毎月発生する家賃収入に惹かれて、マンション経営を始める人は多いです。株式投資の場合、配当支払いは年に1回もしくは2回が大半であり、しかも配当が支払われるかどうかは業績に左右されます。これに対して、マンション経営の場合、入居者がいる限り、家賃収入が毎月振り込まれてきます。そのため、マンション経営は副収入の獲得手段として大きな魅力となっているのです。但し、マンション経営の魅力は毎月の安定収入だけではありません。経済成長が加速し、不動産価格が上昇して来れば、キャピタルゲインを狙うこともできます。長らくデフレーションが続いているため、物価が上昇し続けるというイメージを持ちにくいという人も多くいますが、過去の歴史を振り返ってみると、経済成長と連動して不動産価格も上昇しています。また、マンション経営の場合、賃貸事業にオーナーが深く関与することができるという点も魅力と言えます。株式投資の場合には、事業運営を企業経営者に任せるため、収益を増やせるかどうかは経営者の手腕次第となってしまいます。一方で、マンション経営の場合には、物件の選定から賃貸運営、管理や売却までオーナーの判断で好きなように行うことができます。もちろん、賃貸管理などは不動産会社に委託した方が効率的ですが、その不動産会社の選定もオーナー自身が行うことができます。そして、オーナーが積極的に関与することで収益を大きく増やすことも可能となります。

一棟ものがおすすめ

笑顔の男性

老朽化が進む自宅の建て替えを検討している都市部のシニア層は、土地活用によるマンション経営への新規参入に意欲的です。ハウスメーカーもマンション賃貸経営に向けたサポートに積極的であり、立地条件別に的確なアドバイスが受けられるでしょう。都市部でマンション賃貸経営を始める場合の基本は、シングル向けの物件を開発することであり、コンセプトを明確にすることが重要です。従業員向けに賃貸物件を借り上げる企業も増えており、シングル向けのマンションを建設することで、安定した家賃収入が確保できるでしょう。しかし郊外で土地活用をする場合には、ファミリー向けのマンション賃貸経営を始めるのが、満室経営を実現するためのコツです。子育て環境にも恵まれているメリットを活かして、2LDK以上の物件を供給するのが、農地を転用して賃貸経営を始める場合の基本です。一方で中古物件を購入してマンション賃貸経営をスタートする場合には、綿密に賃貸需要をリサーチして、投資に適した物件を選ぶべきです。利回りを重視して一棟売りマンションを買うケースが多いですが、将来的な売却も見据えて、資産価値の高さにも注目するのがポイントです。土地自体の価値が大きい物件は、建物が老朽化した場合でも価格下落のリスクが小さいので、不動産投資の初心者にも大人気です。築20年を超えると稼働率が下がる物件もありますが、都市部の人気エリアのマンションは、入居希望者が多いので安心です。

管理会社に委託する効果

積み木

日本には馴染みのなかったシェアハウスですが、東京オリンピック開催に向けて外国人の需要が伸びています。それに合わせてシェアハウス経営に乗り出す人も増えています。日本人の間でもシェアハウスが注目され始めています。シェアハウス経営で大事なことは管理をいかに上手に行うかです。複数の入居者が同じ建物の中で生活するため、トラブルが起きやすいのです。またキッチンやバスルームやトイレが共有スペースとなるので、清潔に保つことが必要です。それらの管理を上手に行えば空室も減らすことができます。シェアハウス経営を実際に行っているオーナーへのアンケートによると、6割の人が専門の管理会社に委託しています。委託料のコストがかかりますが、トラブルに的確に対処してくれますし、共有スペースを清潔に管理してくれます。オーナーは別の副業に専念することができます。もう1つシェアハウス経営で大事なことは、コンセプトの決め方です。例えば外国人専用にするなどです。外国人の留学生などは少しでも家賃を節約するためにシェアハウスを希望する人が多いです。また他の国の人たちとの交流ができるというメリットがあるので、外国人入居者を集めやすいのです。日本人をターゲットにする場合でも、漫画家を目指して勉強している人を対象にしたシェアハウスにするなどのコンセプトを決めると、入居者を集めやすくなります。このように入居者の目的に合ったコンセプトを決めると、シェアハウス経営は順調にいきます。

R2A

airbnb代行サービスを利用するなら、ここをチェックしておきましょう。役立つ情報がたっぷりとゲットできますよ。

選ばれる理由を知ろう

レディ

マンション経営をするのであれば、都市の中心部にある投資物件を選ぶようにしましょう。賃借人の大半はサラリーマンやOLもしくは学生です。これらの人々には通勤や通学が楽にできるエリアに住みたいというニーズがあります。そのニーズを満たすエリアが都市の中心部なのです。

もっと読む

若いうちに始めよう

マンション

マンション経営を検討しているのであれば、若いうちから手を付けましょう。若い時期であれば市況動向に十分な時間をかけることができますし、早く始めれば始めるほど、定年時に十分な生活費を確保できるようになっています。

もっと読む

秘訣は人付き合いです

硬貨を積む人

マンション経営で成功したいのであれば、有料な投資物件情報をくれる不動産会社や、ローンを組んでくれる金融機関、退去時に内装クリーニングやリフォーム工事をしてくれる内装工事会社との付き合いを大事にしましょう。

もっと読む